日本企業が海外進出で苦戦する理由と野球選手がメジャーリーグで苦戦する理由は似ている

 

ボンジュール。マーシーです。

環境を変えるのは大切ですが、環境の変化に適応出来なければ意味がありません。

 

日本企業が海外で失敗する理由

「日本のやり方に固執しすぎたから」というのは間違いなくあるでしょう。

当たり前ですが、海外は人も環境も日本とはまったく違います。そんな場所で「日本のやり方」に拘るのは、危険なギャンブルです。仮に上手くハマったとしても、100%完璧に通用することは無いでしょう。通用したとしても一部です。

この点に関しては、ホンダから学べることが多いです。

 

日本の野球選手がメジャーで苦戦する理由

これも、「日本のやり方に固執しすぎたから」というのがあると思います。

メジャーでは人も環境も違うのですが、特筆すべきは体格差です。

身長も体重も圧倒的にメジャーが上なので、日本でやっていたプレースタイルをそのままメジャーでやっても、通用しません。

実際、イチローを始め、松井秀喜、黒田博樹、田中将大といった選手は、日本のスタイルを捨ててメジャーで戦いました。

イチロー→振り子打法をやめてすり足打法に

松井→流し打ちを習得して広角に打てる打者に

黒田→速球派から技巧派に

田中将大→速球とスプリット主体から、魔球・フロントドアを習得して投球の幅を広げる

彼らの活躍は、皆さん御存知の通りです。特にイチローは、メジャー殿堂入りが確実視されています(2021年6月現在)。

 

ただし、野球に限って言えば、例外が2人いる

ダルビッシュ有と大谷翔平です。

この2人は、日本時代のスタイルをメジャーでも貫いて成功しています。ただし、日本時代とは比べ物にならないほど高いレベルになっているので、日本時代と「同じ」では無いです。

まぁ、この2人は別格ですね。

 

○海外で成功するためには

日本で行っていたやり方すべてを疑い、改善することだ

そして時には大胆に変える

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】