野球選手の妻に求められるものを予想してみた

 

 

耐える

覚悟は

ありますか?

 

 

ブエナス ノーチェス。マーシーです。

1にも2にも3にも忍耐じゃないでしょうか。

 

妻が夫に求めるもの

ネット記事に「妻は高級なブランド物を買ってもらうよりも、19時に帰宅することを、夫に望んでいる」と書かれていました。

特に、小さい子供がいる家庭では、妻は家事と育児と仕事を両立しなければならないので、夫には、せめて19時に帰ってきて、育児と家事に参加してほしいのだそうです。

小さな子供がいる母親にとって、アフター5の中でも、19時から22時のゴールデンタイムを1人でこなすのは、相当苦労するので、この時間帯に夫がいるのといないのとでは、かなり違います。

 

野球選手には無理

しかし、野球選手は、こうした一般的な妻の願いを叶えることは出来ません。

野球選手の仕事(試合)は、基本的にナイターゲームで行われますし、毎週遠征で家を空けることになるからです。

試合が終わった後はマッサージやミーティングがありますし、土日も試合があります。というか、プロ野球はサービス業の側面もあるので、土日がメインです。

野球選手の活動時間は、サラリーマンとは明らかに違います。

野球選手の妻になりたければ、「夫に家にいてほしい」という願望は極力持ってはいけません。

 

野球選手の妻に求められるのは「忍耐力」

「そんなのどの家庭でも一緒じゃボケェ!」って言われそうですけど、野球選手の妻は特別だと思います。有名人の妻になれば、色々とストレスも多くなりますからね。

まず第一に、遠征が多いので、孤独の時間が圧倒的に多くなります。子供が出来れば育児は一人でやらなければなりませんし、夫が有名人なので、下手に外出も出来ません。少なくとも、一般人の妻よりは行動に制限が掛かるでしょう。

第二に、夫優先の生活サイクルになります。夫の食事には人一倍気を使わなければなりませんし、夫の成績が下がれば、ファンから心無い罵声を浴びせられることもあるでしょう。

 

プロ野球選手の妻には、これらのストレスに耐えるだけの忍耐が必須です。

1にも2にも3にも忍耐なのです。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】