野球でよく聞く「キレ」とは

 

 

野球用語って

難しいよね

 

 

ブオナ セラ。マーシーです。

「キレ」っていうのは、人によって解釈の違う言葉なので、本記事は個人の見解だと思って読んでください。

 

投球の「キレ」とは

ボールがお辞儀をしない状態のことを、「キレのあるボール」と言います。

普通、投げられたボールは、捕球側へ近づくにつれて失速するため、お辞儀をするような軌道を描くのですが、この「お辞儀の軌道」がほとんど無く、地面と並行に飛んでいき、捕球側のグローブへ突き刺さる投球があります。それが「キレのある投球」です。

では、そんなボール、どうやって投げればいいのでしょうか。僕はポイントが2つあると思います。

✔腕が良く振れる

ボールを投げる時、無意識のうちに暴投を警戒するので、投げる時の力をセーブしがちです。しかし、肉体的、精神的コンディションが高いレベルで安定している状態であれば、腕をフルスイングしてボールを投げることができます。

✔気候が安定している

天気は快晴で、気温も暑すぎず寒すぎない状態であれば、身体が軽く感じますし、精神面もポジティブになれます。結果、腕が良く振れてキレのあるボールを投げることができます。

 

バッティングの「キレ」とは

これには2種類あります。

1つ目は、「フルスイング出来る状態」のこと。2つ目は、「コンタクト率の高い状態」のことです。それぞれ解説します。

✔フルスイング出来る状態とは

「フルスイング=スイングが早い」ということです。スイングが早いと、早い打球や飛距離の長い打球を打てます。それで、フルスイングをするコツですが、これはもうメンタルの問題です。

どんな人でも、いざ打席に立つと、三振を恐れて慎重なスイングになりがちです。清々しいほどのフルスイングをするためには、三振に対する恐怖を振り切る必要があり、そのためには精神面を良好な状態に保つ必要があります。

✔コンタクト率の高い状態とは

「コンタクト率」とは、「ボールがバットの真芯に当たる確率」のことです。バットの真芯にボールが当たれば、より強く、飛距離のある打球が打てます。

コンタクト率を上げる方法は、ひたすらボールを打つしかありません。バッティングとは、突き詰めれば「ボールをバットに当てるゲーム」です。であれば、ボールをバットに当てる(打つ)練習を反復すればいいのです。個人差はありますが、ひたすら回数をこなせば誰でも上手くなれます。

 

身体の「キレ」とは

身体が最も軽い状態のことです。具体的には、すべての動作(捕る、投げる、打つ、走る)が高いレベルで行える状態のことです。要するに、スーパーサイヤ人です。

それで、どうやってスーパーサイヤ人になるかと言うと、以下に挙げる5つの要素を成立させればなれます。

①睡眠を7〜8時間取れている

②朝9時〜11時の時間帯

③前日に自慰行為、飲酒、暴飲暴食をしていない

④快晴で、気温が約20度

⑤直近の人間関係がすべて良好

これらの要素が揃った時、最も「身体がキレている状態=身体が軽い状態=スーパーサイヤ人」になれます。

一番難しいのが、「快晴で、気温が約20度」と「直近の人間関係がすべて良好」というところじゃないでしょうか。気候は春か秋限定になりますし、人間関係は自分1人の力ではどうにもなりません。

ちなみに、どれか一つでも欠けているとスーパーサイヤ人にはなれません。厳しいですね。

ですが、野球人なら、一度はスーパーサイヤ人を目指してみもいいかもしれません。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】