全ての野球選手が目指すべきスイングの境地

 

 

打たなければクズだ

打たなければゴミだ

それが野手だ

 

 

アロハー。マーシーです。

野手の究極系は常に「強打者」であるべきだと思うんだ。

 

野手は第一にバッティングを磨かなければならない

野球選手にも、足が速いとか、守備が上手いとか、それぞれの強みがあると思うのですが、野手に関しては、結局のところ、打てなければ大して評価されません。これはもう、野手の宿命です。

ですから、野手は、一にも二にもバッティングを磨かなければならないのです。

それで、これは極端な話でも何でもなく、打てない野手に、ほとんど価値はありません。

稀に、守備や走塁だけで飯を食っているプロ野球選手がいますが、これはかなりのレアケースです。基本的に、野手の評価基準は「打てるか、打てないか」だけだと思いましょう。まぁ、シンプルで分かりやすいですよね。

 

野手が目指すべきスイング

野手の完成形、いわゆる「強打者」の必要十分条件は、「重いバットを速く振れること」です。このスイングが身に付けば、誰もが強打者になれます。

ここに「コンタクト率」つまり、打率が入らないのは、そのスイングさえできれば、例え空振りしても相手バッテリーに「恐怖心」を与える事ができるからです。

鋭く、力強いスイングは、相手バッテリーに「当たればホームランにされる」という恐怖心をもたらします。たとえバットにボールが当たらなくても、それだけで効果は絶大です。

まぁ、当たれば最高ですが、そこまでいかずとも、このスイングを身に付けているだけで、十分強打者の仲間入りです。強打者とは、常に相手バッテリーから恐れられる存在でなければありませんから。

 

「打てなくても○○がある」は甘え

野球は点を取り合うスポーツです。手を取るためには、野手が打たなければいけません。つまり、野球とは、野手が打たなければ絶対に勝てないスポーツなのです。

繰り返しますが、野手は一にも二にも「打つこと」を最優先に考えなければなりません。

「バッティングはいまいちだけど、足が早い」「バッティングはいまいちだけど、守備は上手い」このようなことが許されるのは、一部の特別な選手だけです。

打たなければ、試合には出れません。試合に出れなければ、守備も走塁もできません。

すべての野球人の皆さん、言い訳はやめて、今すぐバッティング練習をしましょう。素振りでも筋トレでもイメトレでも構いません。

兎にも角にもバッティングです。特に野手の人。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】