なぜ、メルセデス・ベンツは怪物を生んだのか

 

 

怪物=投資

 

 

グッドイブニーング。マーシーです。

これは投資です。

 

究極の車

「ベンツ」と言えば、高級セダンを思い浮かべる方も少なくないはずですが、実はオフロード車でとんでもない怪物を製造していたりします。それが、Gクラスの特別仕様車「G63 AMG 6×6(シックス バイ シックス)」です。

画像転載元:オートックワン

この車は、ダイムラー社が、軍用車や防弾仕様車の開発を通じて培った技術を結集し、既存のGクラスが持つオフロード性能を極限まで高めた車両です。以下、同車両について、詳しく紹介していきます。

 

美しく、力強い野獣

さて、ダイムラー社も恐ろしい車を作ったものです。

まず特筆すべきは、「6輪駆動」という点です。これこそが、この車の変態的なオフロード性能を実現するコア技術になります。

6輪駆動システムには、ダイムラー社が開発している軍用車両の技術が転用されており、3つの車軸すべてが運転席のスイッチと連動しているため、このスイッチを操作することで、急勾配や岩場など、あらゆる走行シーンで可能な限り最大のパフォーマンスを発揮することができるようになっています。

なお、このスイッチ操作によって、車に乗りながらすべてのタイヤの空気圧調整も行えるようなのですが、これは乗用車として世界初の試みだそうです。

また、同車両は最低地上高(車体の一番低い部分とタイヤの接地面)が460mmとなっており、ベースとなるGクラスの最低地上高215mmから走破性能を大幅に向上させています。

ちなみに、車検を通るには最低地上高が90mm以上ないといけません。

※画像転載元:車の大辞典CaCaCa

インテリアにはシートに最高級のレザーを、随所にカーボントリムが採用されており、高級感とスポーティーさを共存させた作りになっています。

まさに、美と力強さを共存させたモンスター。車を超えた車です。

 

なぜ、ダイムラー社は怪物を生み出したのか

技術力を誇示するためです。

おそらく、ダイムラー社は、この車を販売する目的で作っていません。それよりも、この車を世界中に発表することで技術力を誇示し、メルセデス・ベンツのブランド価値を向上させるのが真の目的でしょう。

実際、これだけの車両を開発・製造するためには、相当な技術力が必要であり、世界的にもこれと同等の車両を作れる会社は数えるほどしかありません。

顧客は車を買う際に、車の「見た目」と「ブランド力」を重視するので、ダイムラー社がこの車を発表することでメルセデス・ベンツのブランドイメージが向上し、他の車種の売上も爆発的に上がるでしょう。もちろん、この車を買うユーザーもいるでしょうが。

この車の開発費や製造費はとんでもない額でしょうが、それ以上のリターンが期待できるわけです。

言い換えるなら、これは必ず勝てる「投資」のようなものですね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】