緊張してる時は、筋トレをしましょう

 

不安が吹っ飛んで、気持ちよくなります。「何でもこい!」って気分になります。

ランナーズ・ハイならぬ、筋トレ・ハイです。

 

初出勤もなんのその

出向先が変わって今日が初出勤だったんで、ちょっと緊張してたんですよ。

なので、早朝5時半から上腕二頭筋を傷つけまくってやりました。

 

いやー!最高に清々しいですよ!

 

テストステロン?っていう物質とか、ハイになる脳内麻薬がビュンビュンで緊張なんて吹っ飛びますし、おまけに「将来身体がでかくなる」っていう期待も追加されますから、良いことづくめです。

分かりやすく表現すると、

 

筋トレ前→「仕事、上手くやれるかな・・・」

筋トレ後→「し!ご!と!フォー!!」

 

こんな感じです。

腹痛に正露丸、緊張したら筋トレ

 

 

元中京大中京野球部の河合完治くん

そういえば、2009年に中京大中京が全国制覇した際に5番打者だった河合完治くんは、打席に立つ前に腕立て伏せをしていましたね。

「緊張をほぐすため」と言っていましたが、大正解です。

彼の甲子園でのホームランの2本くらいはこの筋トレ効果でしょう。打率の3分5厘くらいも筋トレのおかげです。

すべての高校球児が打席に入る前に腕立て伏せをすれば、打率は微増します。最悪、高校野球が打高投低になりますよ。

当時メディアで「変わったことやる子だなぁ」ってニュアンスで紹介されていましたが、実は筋トレ科学の最先端を行く行為だったんです。

さぁ、あなたも緊張したら筋トレです。「ここ」って時に筋トレすれば、きっと上手くいきますよ。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】