デメリットの無いもの=「経験」「筋トレ」

 

これからは、「モノ」よりも「経験」です。もしくは「モノによる経験」です。あと筋トレ。

 

モノは忘れるが、経験は記憶に根付く

最近読んだニュース記事に、「ミレニアム世代ではプレゼントにイベントのチケットを贈る人や、旅行に連れていく人が急増している」といった内容のものがありました。最近の若者はモノよりも経験をプレゼントする傾向にあるそうです。

モノよりも経験をプレゼントするのは良いアイディアだと思います。何せ、「経験」は良くも悪くも脳に根付き、その人にとって、かけがえのない財産になります。過去の経験が、後から役に立つこともあるでしょう。一方、「モノ」はもらった時が喜びの最高潮で、それ以降は下降線。最悪、忘れてしまう可能性だってあります。

僕も、バットを初めて買ってもらった時の思い出よりも、そのバットで初めて二塁打を打った時の思い出の方が鮮明に覚えていますし、どちらかというと二塁打の思い出の方が嬉しい記憶として思い出されます(両親には申し訳ないですが)。

さらに、その経験が「もっと二塁打を打ちたい」という気持ちを呼び起こし、さらなるトレーニングへと繋がるわけです。経験=財産です。しかも、経験によっては継続した利益をもたらしてくれます。

 

 

悪い経験も財産になる

粗悪品は所持者にほとんど利益をもたらしてくれません。しかし、悪い経験、例えば失敗した経験は、その人に最大限の利益をもたらしてくれます。人は失敗から多くのことを学びますからね。

場合によっては、成功経験よりも多くの利益をもたらしてくれるかもしれません。経験にデメリットは無いんです。仲良しの人にデメリットの無いものを贈る、最高じゃないですか。

 

 

筋トレは最高の「経験」をくれる

筋繊維をぶち抜くわけですから、毎日限界を突破するわけです。

これって、小さなことですけど、立派な成功経験です。そう、筋トレをすると毎日成功経験を味わえるんです。

で、成功経験と脳内麻薬で自信が付きます。そしたらもう人生はイージーモード(ただし、筋トレを続ける根性は必要)。

 

分かっていただけたでしょうか?この世でデメリットの無いものは経験と筋トレだけなんです。

 

この2つを地道に積んでいけば、誰でも最強になれます。

皆さん、僕と一緒に最強を目指しましょう。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】