「SONY製品と言えば?」の回答でその人が分かる

 

 

世界のSONY

 

 

ハロー。マーシーです。

この記事の内容は僕の勝手なイメージです。

 

Xperia(エクスペリア)

SONYが誇る最強スマホがXperiaなわけですが、まぁ僕の周りでは何かしらのオタクが使っています。

最近は簡単スマホ的な比較的ライトなXperiaも出ているようで、シニア層の所持者もちらほら見えるようになってきましたが、やはりオタクが多いです。そんなイメージ。

Sony Xperia 10 Plus (I4293) 6GB / 64GB 6.5インチLTEデュアルSIM SIMフリー [並行輸入品] (Navy/ブルー)

新品価格
¥36,317から
(2019/10/11 07:41時点)

ビデオカメラ(ハンディカム)

「SONY=ハンディカム」という方は、50〜60代の男性です。

90年代〜2000年代前半に子供が小学生だった方は、ハンディカムを持って運動会に駆けつけたのではないでしょうか。僕の父親も愛用していました。

ちなみに、ハンディカムは今でも販売されています。より進化を遂げたハンディカムで孫の運動会に駆けつけてみませんか?

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB ホワイト HDR-CX680 W

新品価格
¥41,700から
(2019/10/11 07:46時点)

ウォークマン

90年代後半〜2000年代中盤くらいに青春を過ごした人。だいたい30代だと思います。

2000年代後半にはiPodにシェアを食われてしまいましたが、今でも新作が出続けており一部のファンからの根強い人気を誇っています。

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55 : Bluetooth microSD対応 ハイレゾ対応 最大45時間連続再生 2018年モデル トワイライトレッド NW-A55 R

新品価格
¥19,440から
(2019/10/14 20:57時点)

あと、ウォークマンと答える人は「音質にこだわる人」というイメージがありますね。

パソコン(VAIO)

「ちょっと高級志向でカッコつけたいWindows派の人」というのが率直なイメージ。SONYのブランド戦略で「VAIO=リッチでオシャレ」というイメージが付いていましたからね。

昔のVAIOはイメージだけが先行して能力は正直いまいちでしたが、SONYから独立して「株式会社VAIO」になってからのVAIOブランドは信頼性も向上して良機になっています。PC購入を検討中の方はどうぞ。

【Microsoft Office 2019搭載】【Win 10搭載】SONY VAIO Pro11(VJP111*シリーズ)/第四世代Core i7-4510U 2.0GHz(最大2.6GHz)/大容量メモリー:8GB/大容量SSD:512GB/11.6インチフルHD液晶/Webカメラ/無線搭載/HDMI/Bluetooth/USB 3.0/超薄型(11.8mm)・超軽量(0.77Kg)・省電力/中古ノートパソコン (SSD:512GB)

中古価格
¥49,800から
(2019/10/14 21:05時点)

 

一眼レフカメラ

一眼レフと答える人は、「孤独を好む人」「自分の世界を持っている人」というイメージです。

基本的に写真は一人で楽しむ趣味なので、一眼レフで写真を撮るのが好きな人は、「一人の方が気楽で楽しめる」という人が多いのではないでしょうか。

あと、写真趣味な人は、なんとなく被写体とかシチュエーションに拘って自分の世界を持っているイメージです。

SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6000L B

新品価格
¥51,580から
(2019/10/15 21:20時点)

さて、代表的なものは上記に記載しましたが、他にも色々あります。例えば・・・

テレビ(ブラビア)→家電オタク

aibo→犬好き

ソニー損保→ソニー損保の営業マン

こんな感じですかね。

あなたはどのSONY製品でしたか?僕は一眼レフでした。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】