「26歳」は人生の転換期になりうるのか

 

 

「26歳」という

節目を見よう

 

 

ニイハオ。マーシーです。

26歳以上の方、26歳の時どうでした?

26歳以下の方、26歳の自分はどうありたいですか?

 

26歳人生転機説とは

人の一生って、「26歳」がターニングポイントになりやすいと思うんですよ。大抵の人は社会に出て複数年経験している時期ですし、人として1ランク上がったタイミングで、何かしら転機となりうる出来事が起きてもおかしくありません。実際、Googleなんかで「26歳 人生 転機」と検索すると、結構その手のページが出てきますしね。

まぁ、こんな説が出来るくらいですから、それなりに根拠もあるわけで、次項でその一部を紹介していきたいと思います。

 

26歳で人生の節目を迎えた人たち

✔サイバーエージェント藤田社長→マザーズ上場を果たす

✔孫正義→慢性肝炎発覚、ソフトバンク会長を退く

✔ダウンタウン→「ガキの使い」スタート

✔とんねるず→「とんねるずのみなさんのおかげでした。」スタート

✔イチロー→プロ野球史上最速となる通算1000本安打達成、年俸5億円到達、マリナーズのキャンプに特別参加

✔松井秀喜→初の首位打者獲得、当時の最高年俸となる6億1000万円で契約更改

✔ダルビッシュ有→MLBで日本人史上2人目となる最多奪三振のタイトルを獲得

どの方も、その後の人生に大きな影響を与える出来事が、26歳で起きています。こうして具体例を挙げてみると、「26歳人生転機説、マジであるかも・・・」と、思えなくもないですよね。

ちなみに、僕が人生で初めて転職をしたのも26歳の時でした。

元々小さな町工場で働いていた僕が、大手メーカーのエンジニアとして第一線で活躍するまでになれたのは、26歳の頃に転職を決意したからです(僕の経歴については、プロフィールを参照してください)。

 

「26歳」は人生の転換期になる

僕の実体験から言うと、26歳に「何か」が起きてもおかしくは無いですし、起きる可能性は非常に高いと思います。

先にも書きましたが、「26歳」というタイミングは、大抵の人が社会人を複数年経験して、経済的にも精神的に多少余裕が出てきます。こうして視野が広がって、見える世界が変わってくると、人は別のステージに行くか、1段階上のステージに上がりたくなるものです。

繰り返しますが、「26歳」は、人生の転換期になり得ます。

これから「26歳」を迎える予定の方は、「26歳」を楽しみにしてください。そして、最高の26歳を迎えるために、今から何をすべきか熟考してください。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】