なぜ「iPhone 9」は飛ばされてしまったのか

 

 

都市伝説

 

 

ボンソワール。マーシーです。

皆さんは「忌み数」という言葉を御存知ですか?

 

iPhoneの快進撃

まずはiPhoneの歴史でも振り返ってみましょう。

初代iPhoneの登場が2007年です。懐かしいですね。

2007年から現在まで、Appleは毎年iPhoneの新機種を発表し、良くも悪くも世界中のユーザーを驚かせながら販売数を増やしてきました。

僕も、2008年からiPhoneを使い続けているヘビーユーザーの一人です。今やパソコンもMacBook Airですし、音楽もiTunesでダウンロード。もはやApple製品無しでは生きていけません(笑)

 

あれ、「iPhone9」が飛ばされている・・・?

さて、iPhoneの歴史を見てみると、ある異変に気が付きます。それがナンバリングです。

Appleは「iPhone4」からナンバリングとナンバリング+Sのスタイルを隔年で取り始め、「iPhone7」までは数字が順調に1ずつ上がっていました。しかし、「iPhone8」の次が「iPhoneⅩ」になり、「iPhone9」が飛ばされてしまったのです。

では、なぜ「iPhone9」は飛ばされたのでしょうか。Googleで調べてみました。

「iPhone7の発売が2016年で、その翌年の2017年がiPhone誕生10週年だったので、iPhoneⅩを出さざるを得なかったから仕方なく9は出せなかった」

概ねこんな感じの意見が多数派でした。まぁまぁ納得です。

 

別の理由を考えてみました

おそらく上記の理由が正解なのでしょうが、僕なりに別の理由も考えてみました。

まずは、iPhoneのシェアについて考えてみましょう。そこで分かってくるのは、日本はiPhoneのシェアが70%を超えており、Appleからすると貴重な収入源だということです。

そんな日本では、「9」という数字は「9(く)→苦(く)」と読み変えることができるため、病院などでは避けられています。いわゆる「忌み数」というものですね。

◯忌み数とは?

Appleは忌み数の件で日本人の購入数に影響があると考え、さらに上記の10周年に関する理由もあったので、「iPhone9」をあえて飛ばしたのではないでしょうか。

何にしても、iPhoneⅩが出てしまった以上、iPhone9が発売される可能性は低そうです。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】