僕がブログの記事を定期的にリライトする理由

 

 

リライト=改善

カイゼン=成長

 

ボンソワール。マーシーです。

まぁ、一言で言うと「勿体ないから」です。

 

見返してみると、あまりにも文章が酷い

僕の過去記事、酷いですね。酷すぎます。

文章がめちゃくちゃで、何が言いたいのか分からない記事が跋扈しています。記事の題名でなんとなく内容は想像出来ますが。

ブログ移籍やらアドレスのドメイン再登録などで何回もアクセス数をリセットしていますが、記事自体はずっと引き継いでやってきました。

ちなみに、人生最初のブログ記事は、野球に関する内容でしたね。

●読売ジャイアンツ・小林誠司捕手の持ち味を考察してみた

小林選手、もう6年目ですか・・・

 

文章は酷いけど、記事一つ一つのテーマは良い

よーく記事を見返していると、「これは・・・!」と思う題名のものが多々あるんですよね。

まぁ、文章が酷いので台無しなんですが。

記事のテーマ選定は割と良いみたいなので、文章をアップデートすれば素晴らしいコンテンツになるものが多いんです。

例えば、以下の記事なんかは、題名だけで読者の目を引く感じがして、早速リライトしました。

○パンツと投手のローテーションは驚くほど似ている

○他人の人生を1日だけ体験してみませんか?

○人の感情を読み取れると、野球の試合はどうなるのか

 

リライトしたからと言って、いきなり素晴らしい記事にはならない

当たり前ですが、せっかくリライトしても、すぐに結果は出ません。

急にPVを稼ぐ魔法なんてありませんし、記事が「完成」することもありません。基本的にコンテンツというものは、常に未完成の状態だと思いましょう。

何度も記事を見直して、何度も手直しして、少しずつ記事のクオリティを上げていくのです。そうしているうちに、「結果」は出始めます。

 

最後に、リライトの原動力は「勿体ない」という精神ですが、そもそも自分のブログに愛着を持っていないと、「勿体ない」なんて思いません。

まずは皆さん、自分の作り出したコンテンツを愛しましょう。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】