男女の結婚適齢期に差は無い

 

 

根拠のない

自信

 

 

ボンジュール。マーシーです。

男も焦らないといかんよ。

 

男女の結婚適齢期に関する風潮は間違っている?

僕の周りのアラサー独身男性を見てみると、「まぁ、なるべくして独身なんだろうな」という人が大多数です。そのような人たちが「男は30歳過ぎても余裕で結婚出来る」と思っていると、一生独り身になりかねません。何かしら難のある男性が、普通に婚活して30代で結婚出来るとは思えないからです。

実際は、男性も20代後半までには結婚を意識して、積極的に自分の見た目と中身を磨いて、少しずつでも婚活していくべきでしょう。「30歳過ぎてから」なんて言って自分を甘やかしていると、取り返しのつかないことになります。

 

僕の周りの例を紹介

まぁ、結婚できない理由なんて、「見た目が平均以下」「清潔感が無い」「性格が偏っている」「本人に結婚の意思がない」のどれかしか無いんですけど、これだと少し抽象的すぎるので、僕の周りにいる30代前半の独身男性の例を紹介してみたいと思います。

以下の特徴に当てはまる20代後半独身男性は要注意です。

「趣味にのめり込んでいる」

「感情の起伏が激しすぎる」

「母親が子離れできていない or 子供が親離れ出来ていない」

「昭和気質が強すぎる(家事は女がやるものとか言ってる)」

「童貞」

「愚痴・悪口を日常的に言っている」

「髪型がゴールデンボンバーみたい」

「体臭が臭い・息が臭い」

 

30歳超えても余裕だと思っている男性は危険

「男は30歳超えてからでも結婚余裕」と思っている方、その風潮がすべての男性に当てはまるわけではないので注意してください。

30代独身の男性は、自分が思っている以上に女性から「何か難がありそう」と思われていると思いましょう。「男は30代でも婚活余裕だろ」と思っていると、生涯独身まっしぐらです。

そもそも、「30歳超えてから」なんて考えで、問題を後回しにするタイプは結婚できません。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】