娘にディズニー英語の教材を買うことにした

 

 

子供は親を

選べない

 

 

ハロー。マーシーです。

子供の教育って、親の実体験に強く左右されますよね。

 

娘にディズニー英語の教材を買いました

ディズニー英語システムってやつです。家で四六時中英語の勉強が出来る自宅学習用の教材ですね。

気になる料金ですが、総額約100万円です。月々約8000円の支払いと、ボーナス月に+30000円の支払いです。7年ローンですね。

料金はコースによって違うのですが、僕はフルコース(一番高いやつ)を購入しました。

うちは普通のサラリーマン家庭なので、いわゆる「習い事」はこれのみの予定です。これ以上何かさせると、家計が破綻しそうなので。

 

なぜ、買ったのか

あとはまぁ、普通に英語スクール通わせるよりは、圧倒的にリーズナブルですね。

あと、自分がTOEICや英検に挑戦中で、娘と一緒にリスニングの練習でも出来れば一石二鳥かな、っていう淡い期待もあります。そんな簡単な話では無いのでしょうけど。

2人目の子が出来たら、教材を流用出来るので、実質半額になるのも大きいです。

ただし、先にも書きましたが、制約として、英語以外の習い事は基本的に禁止となります(学校のクラブ活動は別)。

 

子供の教育は親の実体験に大きく左右される

↑で購入理由を4つ書きましたが、中でも一番大きいのは「社会に出て自分の英語力の無さを痛感したから」です。特に、海外出張の場面では、ネイティブや英語上級者の同僚相手にコテンパンにやられました。

こうした経験があるので、英語の重要性は、誰よりも強く意識していたと思います。

これからは、今よりも英語の重要性が増していくでしょう。そんな時代で「娘に自分と同じ轍を踏んでほしくない」という思いが、何よりも今回の購入の原動力になったのです。

語学は大人になってからよりも、幼児の頃からやっていた方が、確実に伸びますからね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】