環境が人を作る

 

 

環境って大事

 

 

アロハー。マーシーです。

人は環境で変わります。言い換えれば、環境を変えれば、いくらでも人生再スタートできるわけです。

 

義理兄の変化

「環境が人を作る」とはよく言ったもので、義理兄の変化なんかはまさに典型例じゃないかと。

まぁ、子供が2人いる中で脱サラするのは周囲からの反対もあっただろうし、本人も不安だったでしょうが、奥さんに理解してもらえて一歩踏み出せたのが、結果的に良かったんじゃないかと思います。

今は義理兄が学校+バイトで、奥さんがバイト2つ掛け持ちなんですけど、バイトでも全然生活していけるみたいですね。

 

義理兄の嫁の変化

義理兄が温厚かつ明るくなったことで、奥さんも柔かい雰囲気になりました。

元々、奥さんは働きに出たい願望があったのですが、義理兄が学生になることで家事・育児の比率が大きく変わったため、奥さんが働けるようになったのが大きいですね。やはり、夫婦の雰囲気が和らぐと、家庭全体に充実感が出てきますね。

この夫婦に限って言えば、共働きが正解だったのかもしれません。しかし、共働きにもデメリットはあります。

 

環境が人を作る

義理兄夫婦の変化を見ていて、「環境って本当に大事なんだな」と、つくづく思いました。

仕事でも、今の職場でなかなか結果を出せなかった人が、違う部署や会社へ行って、突然覚醒するパターンはよく耳にしますが、「ふーんそんなもんか」と他人事のように受け止めていたので、今回の出来事は衝撃的でした。

人が変わるのであれば、環境を変えるしかありません。そして、環境を変えるということは、何かを捨てる必要があるということです。今回のケースで言えば、義理兄は会社員という身分を捨てて、家庭の平穏を手に入れましたね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】