他人に「押し付ける」行為をやめれば、日々のストレスは減る

 

 

自分の人生は

自分が決める

 

 

グッドモーニング。マーシーです。

押し付け行為、無意識のうちにやってませんか?

 

他人に「押し付ける」行為をやめれば、日々のストレスは減る

なぜ「押し付け行為」が自分にも他人にもストレスになるのかと言うと、そもそも、「押し付ける行為」とは、

✔他人の考え方や持ち物を「否定」する行為

✔他人に心にもない言動を「強要」する行為

だからです。これがどういう結果をもたらすかと言うと・・・

押し付けられた側→自身のやり方、考え方、持ち物を否定される。心にもない言動を強要される。

押し付けた側→押し付けられた側からの拒否反応。拒絶を受けることのストレス。

これが、「押し付け行為」の負のループです。

 

押しつけ行為の典型例

今まで僕が受けてきた「押しつけ行為」を挙げておきます。

✔古い価値観を肯定するよう強要される

✔自分の趣味、嗜好品を貶され、まったく興味の無いものを勧められる

✔頼んでいないのに食事を用意され、「感謝の言葉」を要求される

✔頼んでいないのに掃除をされ、「感謝の言葉」を要求される

✔頼んでいないのに子供の世話をされ、「感謝の言葉」を要求される

文字で起こすと、本当に酷いですね・・・

 

押しつけ行為を続けるとどうなる?

関係が拗れます。本当です。

ストレスの伝染が起こり、ほぼ間違いなく人間関係に亀裂が生じます。ただ、これを回避する方法は明確で、他人の価値観を尊重し、一切口を挟まなければいいだけです。

それでも他人の価値観に口を挟んでしまうのであれば、もう諦めるしかありません。一生人間関係に悩む羽目になります。

ただ、それもまた、その人本人が選んだ人生なのかもしれませんね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】