人が他人を評価する基準とは何か

 

 

人は

外見が100%

 

 

グーテン アーベント。マーシーです。

人って、他人にはほとんど興味無いんですよ。

 

人が他人を評価する基準

まぁ、当たり前なんですけどね。

人は他人に興味が無いので、「きっとこの人は裏でもっとすごいことをしているに違いない」だとか、「きっとこの人には素晴らしい一面があるに違いない」なんてことをいちいち考えながら人と接しません。

目に見えた部分だけで100%他人を評価します。本当です。

 

言動だけでなく、見た目もです

人が社会的な生活を送ろうとすると、必ず「人間関係」という要素が絡んできます。そして、人間関係において最も重要なのは、「見た目」です。

その人の顔や体型、髪型から着ている服まで、あらゆる要素が総合的に、そして極めて恣意的に他人に判断され、その結果が人間関係の良し悪しを分けます。

今はネット環境が充実しておるので、昔ほど見た目は重視されなくなりましたが、それでも生身の人がいる限り、人間関係で見た目は重要な部分を占めることになるでしょう。

それで、前置きが長くなりましたが、この「見た目」がなぜ人間関係で重要なのかと言うと、やはり、人は他人を見える部分でしか評価しないからです。

人は他人の「中身」なんて、ほとんど見ていないんです。

 

人は他人に興味が無い

繰り返しますが、人は、驚くほど他人に興味がありません。

「中身が大事」と言っている人が多数いますが、実際に中身をしっかり見ようとする人はほとんどいません。見える部分だけで他人を評価しています。

しかしこれは、何も悪いことではありません。実際、他人の中身を理解しようとすると、それなりに時間とコストが掛かります。大して親しくもない他人に、そこまでするのは、ちょっと非現実的ですから、見える部分だけでさっさと評価する方が効率的です。

もしあなたが対人関係で悩んでいるのであれば、見た目と行動に気を使ってください。特に行動は、「他人に見られる部分」を意識しましょう。それだけで対人関係の悩みはかなり解消するはずです。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】