「心機一転」することの大切さ

 

 

心と身体の

鮮度を保て

 

 

グーテン アーベント。マーシーです。

定期的に「新しい気持ち」を持ってリフレッシュすることって、人生においてすごく大切なことだと思うんです。

 

定期的に「心機一転」しよう

人っていうのは、身も心も生魚なんかと一緒なんです。同じところに置いたままだと、腐るんです。

生魚と違う点は、「環境を変えると鮮度が元に戻る」というところ。だからこそ、人っていうのは、身も心も定期的なリフレッシュ(心機一転)をして、常に鮮度を保つべきなのです。

リフレッシュすることで、新しい出会いがあったり、新しい学びがあったり、新しい挑戦に繋がったりして、QOLが上がります。本当です。

 

特に大事なのは、仕事における「心機一転」

おそらく9割以上の人は、一日の大半を職場で過ごします。最近はリモートワークも増えていますけど、そんなインテリなことをやっているのは一部の人たちなわけで、「社会人」の大半は未だに職場へ出勤しています。

それで、仕事における環境の変化で一番手っ取り早いのは「社内転職」です。平たく言えば「異動」ですね。

転職と違って面倒な手続きが必要無いですし、余計なエネルギーも使わなくて済みます。問題点としては、自分の都合で行えない点ですね。

転職は自分のタイミングで好きな時にできますが、社内転職は上司の了解と、異動先の上司の了解が必要になるし、タイミングも転職と比べてシビアです。

 

趣味の「心機一転」も良き

趣味は人生の味付けみたいなものですが、長々と同じ趣味を続けるより、ある程度続いたら心機一転することをオススメします。なぜなら、同じ趣味を毎回同じようにダラダラ続けるだけでは、いずれその趣味がつまらなくなってしまうからです。

具体的には、他に新しい趣味を追加で始めたり、既存の趣味で新しいコミュニティに参加したりですね。既存の趣味を続けている状況に対して、何かしら変化を加えるのです。

ちなみに、僕も趣味のアップデートをしています。

ランニングであれば、定期的にシューズを新品に交換したり、走るコースを変えてみたり。野球であれば、バットを新しくしたり、たまに違うチームへ助っ人に行ったりしています。

最近ゴルフと料理も始めました。

何も難しいことはありません。出来る範囲で趣味もアップデートしていけばいいのです。

 

いかがでしたでしょうか。

人間も生魚と同じ、腐る生き物です。心身共に鮮度を保ち、常にリフレッシュした生活を心がけましょう。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】