「宇宙のタコ焼き」は大谷翔平でした

 

 

宇宙食界の

二刀流

 

 

ブオン ジョルノ。マーシーです。

「宇宙のたこ焼き」は二刀流でした。

 

「宇宙のたこ焼き」を食べたい!

皆さんは「宇宙食」と聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか。ぶっちゃけ、「美味しそうなもの」は想像できないですよね。

無重力なので汁っけがあるだけでアウトな気がして、どうしても乾き物をイメージしてしまいます。

では、実際はどうなのでしょうか

意外と皆さん知らないですよね、宇宙食の味とか見た目とか。

というわけで、今回僕が宇宙食を食レポしてみようと思います。安心してください、安かったので。

今回食レポするのは、あの毛利衛さんも宇宙で食べたと噂の「宇宙のたこ焼き」です。

BCC スペースフード たこやき SP-24

新品価格
¥1,255から
(2019/12/30 16:31時点)

パッケージを触ってみると、何やら固い感触が・・・

たこ焼きと言えば、「外はカリッ!中はアツアツふんわり!」というイメージですが、この感触は明らかに「ふんわり」とは程遠いものです。

で、Google先生で調べた結果がこちら↓

宇宙空間では水分が飛び散るので、水分を使って「ふんわり」させることはできない。従って宇宙食はフリーズドライの食品になる。

なるほど、やはり乾き物か。

ということは、マヨネーズやソースも付いてないってことですね。おそらく味付けは食品に直接含む形になっているのでしょう。

 

早速開封してみました

※写真を撮り忘れたので画像は転載します(転載元はこちら

見た目は地上で食べるたこ焼きそっくりです。ちゃんと茶色い焦げ目が付いていますし、キャベツや紅しょうがのようなものも見て取れます。

大きさは銀だこのたこ焼きより一回り小さいくらいです。女性でも一口で食べることが出来るサイズですね。ソースやマヨネーズといった調味料類は付いていないので、本当に素のたこ焼きだけが入っている感じです。

 

まずはそのままいただいてみます

食感はスナック菓子みたいな感じで、「ふんわり感」はありません。

歯とのファーストコンタクトは「カリッ」で、噛み込んだ後は「サクサクッ」といった感じです。当然、タコのグニグニした食感もありません。

味の方ですが、「たこ焼き」の味です。たこ焼き風の味付けがされたスナック菓子といった感じでしょうか。イメージ的には「うまい棒たこ焼き味」です。あれと同じ味がします。ソースの風味もしつこくない程度にあって美味しいです。

 

だし汁でふやかしてみました

味の調整しただし汁で明石焼きにならないか試してみました。

不味いです。

表面だけ柔らかくて、中はサクサクです。本家の逆バージョンです。出来損ないの明石焼きみたいになってしまいました。これはオススメできません。とても後悔しています。

#572821 かねます食品 冷凍 明石焼(たこ焼)粉末和風だし付 48個入(6個×8袋入)

新品価格
¥1,499から
(2019/12/30 16:30時点)

そういえばたこ焼きの中にフリーズドライされたタコがいるんですが、だし汁に浸してもサクサクのままでした。

 

マヨネーズを付けてみました

せっかくたこ焼きなので、マヨネーズが欲しい!ってことで、マヨネーズを付けて食べてみました。

これはなかなかイケます。

元々たこ焼きの風味があるので、マヨネーズを付けることでさらに「たこ焼き感」が増します。ソース風味がありますが、濃い目の味が好きな人はさらにお好み焼きソースとか付けるとさ良いかもしれません。

マヨネーズはオススメです。

 

おやつでも保存食でもOK

味はうまい棒たこ焼き味とほぼ同じで、食感は普通のスナック菓子と同じですし、賞味期限も長いので、おやつとしても保存食としてもいける一品です。まるで宇宙食界の二刀流ですね。

「宇宙食界の二刀流」に興味のある方は一度お試しください。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】