婚活女子は「学ぶ姿勢」を持っている男を捕まえましょう

 

そういう男は、人間的に将来性があるからです。

例えば、喧嘩したときに学ぶ姿勢を身に着けている人は、喧嘩の原因を考えて自分の悪かった部分を改善しますし、喧嘩したという経験を今後の2人の関係に活かすことができます。

学ぶ姿勢の無い人は、怒りの感情の任せて相手の欠点だけに眼がいきがちです。これでは同じ過ちを繰り返します。そういう人と一緒にいるのは、生きていくうえでとてもデメリットになります。

 

やはり意識改革が重要なんです

周りのすべてのものから何かしら自分にとってプラスになることを学び取ろうという気持ちになればいいのですが、これ、結構難しいんですよね。

「人間は23〜24歳までに人間性を確立する」という話もありますので、その年齢を超えてから意識改革をするというのは、よほどの覚悟か、人格を変えるくらいショッキングな出来事がなくてはなかなか難しいです。

 

そこで、「反射」を利用するんです

意識を変えるのではなく、反射を利用することで、学ぶ姿勢を機械的に身に付けることができます。

反射というのは、「酸っぱいもの食べたら唾液が出る」っていうのと同じです。「何かあればそこから学び取る」という反射(クセ)を身につけてしまうのです。これを身に付ければ、感情度外視で機械的に「学ぶ自分」が手に入ります。

 

反射を身につける方法はただ1つ。習慣をつけることです。

 

1日1回情報を得るんです。

例えば、普段挨拶しない人に朝元気よく挨拶してみて、反応を見てみるだとか。朝めちゃくちゃ早く出勤して誰が最初に来るのか調査してみたりだとか。

こうして得られた情報から自分にとってプラスになりそうなことを自分なりに考える。これを毎日やれば、反射は身についていきます。

学ぶ姿勢を身につける前と後とでは、周りの景色がかなり違って見えるはずです。良いことだらけなので、男性の方はぜひお試しください。そして、婚活女子は地雷を踏まないよう「学ぶ姿勢」を持った男をしっかりゲットしましょう。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】