結局、野球ではパワーのある人が有利なんです

 

シンプルに考えれば、当然なんです。

ものを投げたり、1kgの棒を振り回すんですよ?パワーある方が有利に決まってるじゃないですか。

「日本の野球は技術とスピード」って言う人がいますけど、これはパワーが無いからこういった部分に頼らざるをえないんです。

こういうのはアメリカで野球やってる人の方が説得力ありますね。

そもそも野球で言うところの「柔」って何でしょうね。投手ならコントロール重視の変化球投手ってところでしょうか。打者ならイチローですかね。

でも、イチローはメジャーでホームラン打てますからね。しかも狙って打てます。

彼、まったくパワーが無いわけじゃないんですよね。パワーがある程度あった上であのバッティング技術ですから。ちょっと規格外です。

 

守備もパワーがものを言うんです

具体的には、送球ですね。パワーがあれば、早い送球を投げれます。送球に迫力があれば、守備が多少ブサイクでもファインプレーっぽく見えるんですよね。というか、送球早ければそれだけアウトにできる確率上がりますからね。

そういえばイチローにはレーザービームっていう必殺技がありましたね。やっぱりあの人パワーあるんですよ。

僕も筋トレ始めてから送球が良くなって、多少ゴロの捌きがブサイクでも、素早い送球を送れば「いいねぇ!」なんて言ってもらえたりします。捕球だけ見ると「どんな素人だよ!」ってくらいブサイクなんですけどね。ホント、パワーさまさまです。

 

野球は絶対的なパワーのスポーツです。技術やスピードっていうのは、サッカーとか、フットサルの分野じゃないかな?

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】