ゴールデングラブ賞から読み取る良い守備の基準

 

今年度のゴールデングラブ賞受賞者を見ると、「安定感もありつつ、派手さも兼ね備えている選手」が多いように見えます。

 

守備は攻めの姿勢が大事

特にロッテ・クルーズ、ソフトバンク・今宮健太、広島・菊池涼介なんかは左右にダイビングキャッチをしたりと、アクロバティックなプレーが目立つ3人です。

こういうプレーが出来るというのは、もちろん技術的な上手さもあるんですけど、他の選手と決定的に意識が違うんですよね。「左右に来ても捕ってやる」っていう強気な姿勢で守備に臨んでるんです。

これ、かなり大切なことです。守備は受け身のプレーになってしまうので、選手の心理も受け身になりがちです。受け身な気持ちで守ってるとエラーの確率が上がるので、強気な姿勢を持つというのは、良い守備をするために必要なことなんです。

守備の基本は攻めです。そういえば、楽天・オコエも意識の大切さを言ってましたね。

 彼はよく野球と見つめ合ってるなという印象です。ちょっと考えすぎでバッティングに影響出てますけど。

こういう人は将来生きていく上で困難がたくさんあるけどその分だけ成長できるチャンスは多いので、負けずに頑張って欲しいものです。

というか。オコエもゴールデングラブ賞取れそうですね。

さすがアフリカの血を引いてるだけありますね。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】