筋肉痛との正しい付き合い方

 

筋トレすると筋肉痛になりますよね。あの鬱陶しい鈍痛です。

特に筋トレやり始めた頃なんかは痛みが激しくて朝起きるのも辛いんですけど、健康や美容やスポーツのためにはこれに耐えなければなりません。

 

ホント、耐えてください。

 

耐えるのは痛みだけじゃない

他のトレーニングもあんまりしない方が良いです。特に野球人の方は、バットを振るのだけはやめてください。

 

もうね、本当に後悔してます。

 

あの絶妙な鈍痛がいい具合に感覚を狂わせるんです。

気がついたら自分のバッティングが昨日までとはまったく別物になってるんですよね。恐ろしい。

僕は投手じゃないので投手のフォームのことは分かりませんが、キャッチボールでも筋肉痛がある時と無い時とでは投げ方が変わったりしてるので、筋肉痛時の投球はやめた方が懸命かと。

特に投手はフォームがコントロールに直結するはずですから、下手したらとんでもないことになりかねません。

 

体幹運動をしましょう

筋肉痛はどんなに痛くても2〜3日で消えます。その間ジッとしてるのもアレなので、体幹運動で体幹を鍛えましょう。

体幹を鍛えるとバッティングの軸がブレにくくなって、ミート力が向上します。私生活でも姿勢が良くなりますから、筋肉痛でやること無い人は体幹運動してください。オススメです。


ジョギングもいいね!

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】