お金というシステムもそろそろ古くなってきましたね

 

紙とか金属の塊を持ち歩いてるわけですからね。よく考えたら不思議なシステムですよね。

それもこれも、あの紙と金属の塊に「信用」というものがあるからです。信用されて初めて価値が付くわけです。

じゃ、その信用が無くなることはないのか、って話ですけど、それがありうるんですよ。

これはホリエモンの予想する未来です。

ロボットが人間の代わりにほとんどの仕事をこなすようになって、モノの価値がどんどん下がって最終的にはほとんどお金が必要なくなります。ロボットの普及でお金のいらない世界が作られるんですね。

これを聞いて「かなり先の話じゃないの?」なんて思ったあなた。まだ私生活にロボットは登場してませんけど、工場はどんどんロボット化してますよ!

現代のテクノロジーの進歩は半端無く早いので、私生活にロボットが登場してくるのもそんな先の話ではないでしょう。個人的には財布を持ち歩くのが煩わしいので、さっさとお金の必要無い世界が実現してほしいです。

これ、男性だったら結構共感してくれるんじゃないかと。

二つ折りだろうが長財布だろうが、手ぶらで財布持つのってホント邪魔になるんですよ。なんならカード一枚でも鬱陶しいくらいです。「失くしたらどうしよう」なんて考えだしたら日にはストレスがマッハです。

早くロボット社会が実現してほしいですね。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】