良い打者というのは、自分の感覚に素直に従う打者のことです


感覚っていうのは優秀なメモリーだと思ってもらえればオッケーです。バッティング練習でヒット性の当たりを打てた回数がより多いコースを自動で記憶しててくれます。

ただ、実戦でそのコースが来ても感覚は「ここ打てるよ」っていうシグナルしか送ってくれません。そこから打つかどうかはアナタが決めるんです。

 

結局は「どれだけバットを振ったか」なんです

投手の投球はコンマ数秒で捕手まで届きます。その一瞬の世界で一から自分で「このコース打てるかな?」なんて考えていては間に合いません。

一方で感覚はシグナルですから、光の速さで自分に打てるか打てないかを教えてくれます。どちらが早いかなんて、言わずもがなでしょう。

では、感覚はどうやって鍛えるのかと言うと、やはり素振りやバッティング練習をするしかないんです。やったらやった分だけ感覚は打てるコースをどんどん鮮明に記憶してくれます。やればやるだけ打てる確率は上がっていくんです。

 

あとは、フルスイング

野球とは不思議なことに、「ここ、打てる」って直感でスイングしても、凡退してしまうことが多々あるんですよ。投手の投球はマシンのように素直じゃないので、わずかにタイミングがずれたりするんですね。

そんなときにヒットの確率を上げてくれるのが、フルスイングなんです。わずかなズレは力でヒットにしてしまうんです。これ、意外と馬鹿にできないんですよ。

 

良い打者になるポイントは「直感」と「フルスイング」です。なかなか打撃で結果を残せない方は、この2つに頼ってみてください。劇的に変わりますよ。

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】