昔、ビールの売り子を口説く方法について記事を書いたんですけど・・・

 

アクセス数多すぎ!!

どんだけビールの売り子を口説きたいんだよ!

あれ、歩合制なんで、基本的にキャバクラと一緒ですからね。口説こうと思ったら相当なイケメン力と運と場合によってはお金が必要ですよ。

このアクセス数見るかぎり、それでも売り子を口説こうとする男は一定数いるようです。

世のモテない女子はビールの売り子になってみてはいかがでしょうか。

 

Screen Shot 2016-04-11 at 18.45.23

1,趣味って必要ですよね

2、僕が電話を嫌う理由

 

趣味って必要ですよね


趣味っていうか、「打ち込めるもの」ですね。スポーツ系だろうが文化系だろうが、何でもいいんです。僕みたいに野球馬鹿でもアニオタでもアイドルオタクでも、鉄道オタクでも、何でもいいんです。

結婚してて無趣味だって人なら、家族サービスを趣味にしてはいかがでしょうか。誰かのために一生懸命サービスを考えるって、ビジネスにも通じるものがありますよね。

アナタの周りにも無趣味で毎日ダラダラ過ごしてるオッサン、いませんか?

あんなオッサンになりたくなければ、何でも良いので興味のあるものを見つけましょう。

そのためには情報をインプット&アウトプット!情報には食らいついていきましょう!

 

僕が電話を嫌う理由

問答無用で時間を取られるからです。

「じゃあ電話に出なきゃいいじゃないか」って言う人いるかもしれませんけど、着信音又はバイブ音を聞くとイライラしてしまうんです。

「じゃあ着信音とバイブ音を消せばいいじゃないか」って言う人、そのとおりかもしれませんけど、そこまでしたら電話いらないじゃん。

あと、声だけでコミュニケーションというのも違和感あります。声色って思いの外相手の取られ方に違いがあるので、勘違いも多発しますしね。

 

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】