横浜DeNA・筒香を覚醒させた中畑前DeNA監督の功績は大きい

横浜の筒香選手は横浜高校時代にスラッガーとしてちょっとだけ有名になり、そのまま地元のベイスターズにドラフト指名されて入団した元・左の大砲候補です。まぁコアな野球ファンじゃないと分からないくらいの選手でした。ドラベースで例えるならヒョロえもんです。

入団当初は野球に対する姿勢がウンコで、金髪の醜いデブと化してベイスターズファンのみならず他球団ファンをも唖然とさせたました。ある意味結果を残したわけです。

 

そんなどうしようもない金髪ゴリラを覚醒させたのが、キヨシこと中畑前DeNA監督です。

 

中畑政権時代に筒香選手は金髪ゴリラから横浜の主砲・筒香へと覚醒したわけです。

しかも、今や侍ジャパンの4番です。中畑監督と言えばおちゃらけキャラが定着していますが、「侍ジャパンの4番を育てた」という大仕事をやってのけたすごい人なんです。

 

アツい姿勢を貫いた

中畑前監督はどうやって筒香を覚醒させたのか気になるところですが、たぶんこれといって特別なことはしていないと思います。

ただ、中畑前監督は非常にアツい男で、監督時代は常に選手に向かってアツい言葉を投げかけていました。これが筒香選手のメンタルに火をつけたのだと思います。

それから、侍ジャパンの存在も大きいでしょう。侍ジャパンの4番候補に日本ハム・中田翔と横浜DeNA・筒香の名前が上がったところで筒香選手のモチベーションはMAXまで上がったはずです。

 

筒香選手も元々アツい男だった

根が腐ってたり、冷めてる人間にどれだけアツい言葉を投げかけてもほぼ無意味です。結局は本人の心の持ちようなわけですが、筒香選手は元々そのあたりを備えていたんでしょう。

「やってやろう」と思えるかどうかっていうのは、ある意味才能ですね。これがある人は筒香選手のようになれる可能性があるんです。

あとは、行動できるかどうか。筒香選手の中畑前監督のように、きっかけを与えてくれる人に出会えればラッキーです。

そういった人と出会うためにも、どんどん情報収集してガツガツ外へ出ましょう。

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】