ヤクルトスワローズの今月の戦績を見るとちょっとヤバイことが分かる 他2つ

接戦を落としすぎです。

接戦を落とす原因は投手陣にあります。だいたい中継ぎか抑えの失点が多いんですよね。

やはり先発の後ろが不安定だと、負けが多くなります。しかも打線が頑張ってるので逆転負けとかが多くなって、最悪チームのモチベーションが下がります。これ、ヤバイです。

なんでヤクルトの中継ぎや抑えの調子が落ちたか、というところなんですけど、おそらく去年優勝してるからなんですよね。

ここ最近の優勝チームを見てみると、中継ぎと抑えが盤石なんです。盤石がゆえに登板数が非常に多い。

投手は消耗品ですから、登板数が多いと調子を落とします。あと、登板数が多ければ多いほど他チームに研究されます。ヤクルトは去年優勝していますから、中継ぎと抑えが消耗して、なおかつ攻略されてしまってるんでしょうね。

 

Screen Shot 2016-04-11 at 18.45.23

1、恋愛なんてあんた、特に大局観もってやらなきゃいかんもんでしょうに

2、意外なところから電気エネルギーが浸透している

 

1、恋愛なんてあんた、特に大局観もってやらなきゃいかんもんでしょうに

今、若者の「働き方」というものが大きく変わろうとしていますよね。古い時代は正社員当たり前、大企業目指すのが当たり前、って風潮でしたけど、ちょっと立ち止まって正社員というものを見つめなおすと、正社員でも将来安心できないことがすぐに分かります。

これ、恋愛でも当てはまりますよ。

第一印象で「この人いいなー!」と思っても、ちょっと立ち止まって将来性を考えるべきです。

具体的には、第一次倦怠期を乗り越えられるかどうか、ですね。要は、付き合いたての盛り上がってる時期を超えて、落ち着いてからも続くかどうかです。

安易に顔とか収入とかで相手を選ぶと、ここで破局します。ぜひぜひ気をつけてください。

 

2、意外なところから電気エネルギーが浸透している


あーなるほど。たしかに災害時にソーラーパネルは有用ですね。

災害時は特に電気と水が不足しがちですから、電気の方をソーラーで賄えると助かります。

日本は地震多いですから、こういうところから電気エネルギーが一般市民に浸透していくのかもしれませんね。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】