ヤクルト・巨人・中日・広島が首位争いにいる理由は、あるポジションの選手が好調だからです

 

二塁手ですね。ヤクルトは山田哲人選手、広島は菊池選手、中日は荒木選手、巨人はクルーズ選手です。

 

今まで二塁手と捕手は、「守備重視で打撃は二の次」という風潮がありました。しかし、DH制の無いセ・リーグでこの2つのポジションが打撃を二の次にしていると、打線はかなり弱体化します。

 

捕手はまぁ守備の負担が全ポジションで一番大きいので仕方ないにしても、ファンやチーム首脳陣からすれば、二塁手は打ってもらいたいものです。

その点、ヤクルトの山田選手と巨人のクルーズ選手は長打力も兼ね揃えた申し分ない打撃力を見せつけてくれているんですね。そりゃ、他チームより打線が良くなりますよ。

 

 

中日・荒木選手の生き残り術

かつては好守・俊足の二枚看板で中日黄金期を支えた二塁手ですが、最近は足も衰えて攻撃面ではいまいちな活躍でした。

しかし、今年は流し打ちを積極的に行っているようです。

流し打ちっていうのは、右打者が右方向に打つ打法のことなんですけど、ランナーが二塁にいる時なんかは右方向に打てばランナーも進塁しやすくなるので、進塁打としてはかなり効果的なんですね。

衰えた足を打撃技術でカバーしています。昨日の巨人戦なんかは2回くらい流し打ちを決めて得点につなげていましたね。

衰えてから新しいプレースタイルに変わった選手と言えば、元西武の石井一久さんなんかもそうですね。彼も速球派投手から軟投派に変わって、晩年も活躍しました。

やはり、変化する人が勝つんですね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】