メジャーへ挑戦する選手や帰ってきた選手を叩く風潮は根絶やしにすべき

 

自信を持ってメジャーに行って、そこで自信を打ち砕かれた選手は、メジャーへ行って後悔なんかしていないと思いますよ。

むしろ、天狗になっていた自分を見つめなおす機会に恵まれ、自分に足りないものを発見し、選手としてさらに飛躍しています。

「怪我した」「通用しなかった」っていう挫折経験は、実は自分にとってすっごくプラスになる経験なんです。そりゃあこれらの理由は最悪引退に繋がる可能性がありますけど、その経験から得られるものは一生ものです。

メジャー挑戦ってめちゃくちゃお得なんですよ。お金もらえるし、素敵な経験できるし、上手く行けば選手として飛躍できるし。

 

メジャー帰りの選手を叩く風潮

 

メジャー挑戦する選手を叩く人っていうのは、「日本球界が衰退する」とか、「裏切りだ」とか言ってるんですよね。

日本球界?衰退するわけないじゃないですか。メジャー行った選手はメジャーでの経験引っさげて必ず戻ってきますよ。日本人なんだから。そりゃ、外国の過酷な環境で毎日野球してるんですから、故障してる可能性は高いですけど、故障する可能性なんて日本でプレーしててもあります。

それから、若い世代で良い選手が必ず出てきます。藤浪・大谷に始まり、その下の世代からも良い選手はたくさん出てきています。

「裏切り」とか言ってる人はもう論外。もう少し美しい心を持ってください。

 

メジャー帰りの選手が叩かれる理由はお金です。何故か高額年俸を提示されてますからね。

だったら叩かれるべきは球団フロントでしょうに。

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】