米・大リーグ、敬遠のルール変更で戦術変わる?

おそらく敬遠の投手不利な状況の是正と時間短縮が目的でしょう。

単純に敬遠のメリットとデメリットを羅列すると下記のような感じで、たしかに投手不利なんですよねぇ。無駄な球数を減らせるというのは、球数制限の厳しいメジャーでは特に重要でしょう。

 

【敬遠のメリット】

対戦打者をある程度選べる

 

【敬遠のデメリット】

ランナーを抱えてしまう(失点リスクが大きくなる)

球数が増える

 

しかし、簡単に打者をパスできてしまうと、3番〜5番のクリーンナップは勝負してもらう機会が今以上に減ってしまうかもしれないですね。

なにせ、クリーンナップをパスすれば打力の低い下位打線しかいませんからね。

チーム首脳陣は、打順を弄るときに本来クリーンナップを打てる選手をあえて下位打線に配置するなど、対策を講じる必要がありそうです。こういう頭脳戦も、それはそれで面白そうですね。

 

日本で導入されるだろうか

難しいでしょうねぇ。

敬遠って、投手が4球ボール球を投げてるときにファンが野次るじゃないですか。あれがなくなるのは、ファンも面白くないでしょう。

審判に敬遠を申告して突然打者が一塁へ歩き出したら、外野席とかで見てるファンは何が起きたか分かりません。4球投げる行為っていうのは、観客全員に「今から敬遠しまっせ〜」って知らせるためにも必要だと思うんですよね。

あと、今年導入されたコリジョンルールについても批判が相次いでいますし、日本で新ルールを導入するのは厳しいと思います。まぁ騒いでいるのは一部のようですけど。

ちなみに、僕はコリジョンルール賛成派です。

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】