ホンダ・CR-Zを作ったHONDAスピリッツは、NSXに引き継がれています

 

ホンダのスポーツカーって聞くと、ワクワクしますよね。特にエンジンに拘るホンダが作ったとなると、その「中身」がどうなってるのか非常に気になります。

そんなエンジンに拘るホンダが、新しい境地に挑戦した結果がCR-Zだったわけです。

世界初、環境を意識したハイブリッドスポーツカー。発売当初は「スポーツカーなのにハイブリッドなのかよ!」と、各方面から突っ込まれたことでしょう。何せ、スポーツカーをハイブリッドにする必要なんてないはずですからね。

ホンダからすると、その「常識」をぶち壊したかったんでしょうねぇ。「ハイブリッドなスポーツカーがあったっていいじゃねーか!」と。前人未到の領域に挑戦するのがHONDAスピリッツですから。

 

NSXは、CR-Zの後継者

 

今回、米国・アキュラで発売されるホンダ・NSXもまた、CR-Zと同じハイブリッドスポーツカーです。ある意味、元祖ハイブリッドスポーツカーであるCR-Zの後継機と言えるでしょう。

CR-Zが世に登場し、ハイブリッドスポーツカーの分野を開拓してくれたので、NSXも受け入れられるでしょう。CR-Zのおかげで「ホンダのハイブリッドスポーツカー?」から、「ホンダのハイブリッドスポーツカーか!」となりましたからね。

NSXの化物スペックを簡単に説明すると、最高速度は307km/h、燃費はリッター15km/hです。

 

スポーツカーでこの燃費は、正直馬鹿げてる。

 

ホンダの技術半端ない。ヤバイ。ヤバイHONDA。

しかもお値段1800万円。価格がエロい。

 

HONDAのNSXが世界をひっくり返します。少なくとも、自動車業界はひっくり返ります。楽しみですね。

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】