セブンイレブンが沖縄に300店舗出店するので、ぜひ実験してもらいたいことがある

 

普通に出店しても他のコンビニを圧倒できそうですけど、さらに圧勝するかもしれない可能性を秘めてるじゃないですか、コンビニって。

 

コンビニの飲食店化ですよ。

 

具体的には、沖縄に進出する300店舗すべてにイートインスペースを設けてみてほしいんです。たぶん集客上がるんじゃないかなーと思うんですけど、どうでしょう?

 

 

コンビニの飲食店化

店舗内で自分で食べ物や飲み物を選んで購入して、後はイートインスペースで勝手に飲み食いする。ゴミ箱もあるから、商品選ぶところから、ゴミの片づけまで完全にセルフ。

お皿とかも基本的に無いから、その辺りのコスト(お金とか皿洗いに掛かる時間とか)も無し。

これ、庶民派飲食店の究極系だと思うのです。

接客やらおもてなしやらを味わいたいなら、ちょっと高級なお店に行けばいいし、ファミレス的な洋食ものはコンビニにもありますからねぇ。イートインスペースをしっかり整備して、コンビニの飲食店化を本格的にやれば、ファミレスのような飲食店は次第に減っていって、コンビニに人が集まりだす気がします。

そういう店が県内に300店舗もあれば、集客はほぼ独占状態です。

 

今でも使える

イートインスペースって、結構使えるんです。

残業してお腹減ってる時にコンビニ寄って、「ちょっとおにぎりでも食うかー」ってなったときにあると結構利用します。

たまにのぞいてみると、中高生がお菓子やアイスを食べてたりしますからね。もう少ししっかりしたスペースを用意すれば、大人も集まりだすと思いますよ。

 

何せコンビニは「手軽」ですからね。

「手軽さ」って、すごい武器ですよね。

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】