僕の他人からの評価ベスト3をご紹介します

 

統計は以前勤めていた会社(30人くらい?)です。

たまたま以前務めていた会社の元同僚と会う機会があって、僕が抜けた後の噂話を耳にしました。

ではいってみよー!

 

第三位 「嫌いだった」or「苦手だった」

いきなり直球ですな(笑)

特に総務部の上司や先輩から多かったのがこの評価。別に口が悪かったわけではありませんし、上司に反抗していたわけでもありません。

 

ただ、既存のシステムにダメ出ししまくってただけです。

 

総務関係の手続き(残業の申請方法等)が複雑すぎるんで、僕みたいな鈍感クソ野郎はすぐに忘れてしまうんですよ。

で、毎度毎度確認するというわけです。そりゃ嫌われるわ。

でも、「総務関係の手続きは納得できる理由がある場合を除いて簡略化すべきだ」って言ったのが一番大きいかな(笑)

すみませんでしたm(_ _)m

 

第二位 「不思議なヤツ」

現場のおっさん連中からは軒並みこの評価。理由は下記のとおり。

「大人しいと思ったらめっちゃ言い返してくる」

「設計のくせに現場で機械をいじくり回している」

「たまに機械を壊す」

「現場仕事にしゃしゃり出てくる」

「めっちゃ機械の拭き掃除してる」

「俺らが話しかけるとちょっと緊張してるくせに外国人には自分からめっちゃ話しかけてる」

「総務と仲悪い」

「残業申請忘れても仕事し続ける」

「よって、サビ残という概念がないと思われる」

「変」

 

第一位 「普通じゃない」

なんと、取締役からの評価とのこと。

「とにかく多数派と真逆になるヤツ」だそうです。俺は日本に向いていないノカorz

 

常にマイノリティ。それが僕です。

 

 

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】