今年の中日は大島と平田が移籍した場合を想定して動くべきだった

 

この2人、ここ2年くらい年俸契約で揉めていましたからね。出ていく可能性は他選手よりも大きかったわけで、中日はその「最悪のケース」を想定して若手野手を中心に一軍でガンガン使って育てていくべきだったんです。

「勝つのが最大のファンサービス」という落合GMの理念は同感なのですが、今年は「選手を育てる」ことを一番に考える年にしてほしかったです。

9月18日現在、予想通り大島と平田の移籍報道がちらほら出はじめました。

野手の2本柱が移籍ですよ。中日ファンのネガティブマインドは最高潮ですよ。

 

高橋周平・福田永将・友永翔太・堂上直倫

この4選手が野手の「原石」だと思います。

去年からの2年間で伸びたと感じたのは高橋選手・福田選手・堂上選手です。全員、「今までよりは打てるようになってきた」というイメージです。守備もそつなくこなしています。むしろ、高橋選手と堂上選手はプロの中でも上手い部類に入ると思います。友永選手は素材方のリードオフマンで、今回出ていく可能性のある大島選手の代役か、それ以上になれる逸材ですから、今シーズンはこの4選手をフル出場させておけばまた違った状況になっていたかもしれません。

 

まだ間に合う・・・?

個人的な考えですけど、中日は平田・大島両選手の残留に全力を傾けつつ、上記4選手の育成に力を入れていくべきです。

最善のケースを求めつつ、ダメだったときの準備もしっかり行っておくべきです。その準備は将来かならず役に立ちますから、やって損はないはずです。

「平田・大島が残留してくれるぞ!」か、もしくは「平田・大島がいなくなっても若手が出てきましたよ!」とファンに伝えられれば、ファンも明るい未来に希望を持ってくれるはずです。

 

 

[ad#co-3]

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】