テラモーターズ出向日記 「作業標準」

 

まだまだ完成して日が浅いインド工場ですが、組み立てラインはしっかり存在しています。

ちょっと内部事情の話になるので、ラインのことは詳しく書けないんですけど、組み立て工程は一通り確立されています。生産管理側では。

 

効率!効率!効率!

生産管理側で決めた組み立て工程順を「作業標準」と呼びます。一応、各工程のサイクルタイムも決まっていて(ストップウォッチが無いので想像ですが)、現状を考慮した上で最も効率の出せる工程順が設定されています。

その作業標準を、現場の労働者達がいまいち守れていないようなのです。

大まかな流れは守れているのですが、管理側が効率を考えて作った工程順なので、それを守ってもらわないと生産効率が落ちるんですよね。

で、まずはその作業標準を現場の方たちに徹底してもらうと。で、その「徹底させる」のが私の役割なんです。

 

そこではない気がする

生産効率向上も重要な課題ではありますが、私の意見はあくまでも「4Sの徹底と、安全意識の醸成を最優先」です。インド工場はここが出来てなさすぎる。

「人と現場を大切にしなくて、どうして良い製品が作れようか」というのが僕の信念ですし、こんな地の果てに来ても、その信念は絶対変わりません。

まずは最低限の安全装備の普及と、安全作業の徹底。そして4Sです。

4Sっていうのは、「整理・整頓・清掃・スマイル」です。最後のスマイルはHMSI(インドのHONDA工場)でやっていたものです。「めちゃくちゃ素晴らしい考えだな」と思ったので、勝手にパクりました。

ここはまだまだ初期段階の工場ですから、人と現場を大切にし、管理側と労働者が垣根を超えていく努力が必要です。温かい現場からしか本当に良い製品は作れないのです。

もちろん、作業標準の徹底は必要だと思いますので、それは出来るところまで頑張りますが、「4Sの徹底と、安全意識の醸成」の方を優先します。そこは譲れません。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】