ひょっとして、日本ハム・大谷投手のストレートはパ・リーグの打者にそこまで警戒されていないのでは?

 

日本人最速を毎年のように更新し続ける大谷投手ですが、球速を更新した時に限ってバットに当てられています。

ヒットにはされていないんですけど、ことごとくファールにされているのは気になるところです。打者の様子を見る限り、「ストレート狙いだったけど思いのほか速いボールがきて振り遅れた」という感じなので、今後、タイミングを合わせられることがあると、ヒットにされるかもです。

 

警戒されていない・・・?

毎回テレビ中継視てて思うんですけど、大谷投手のストレートって、本当に「真っ直ぐ」なんですよね。

ストレートって、本当に「真っ直ぐ」くるボールを投げられる投手は意外と少なくて、実際は握りの秒妙な変化や投げる際の手首の動きなんかで微妙に変化球化しているもんなんです。

よく、「ストレートがシュート回転している」なんて表現を聞くことがあるかもですが、あれは、投手がストレートのつもりでボールを投げて変化してしまっている典型です。メジャーなんかはもっと適当に投げるんで、ストレートがグラグラ揺れてたりするそうです。

で、大谷投手は数少ない本当に真っ直ぐくるストレートを投げられる投手なんです。そして、そういうストレートの方が、打者にとっては打ちやすいんです。

大谷投手の場合はとにかく球速が速いのでヒットにはされていませんが、打者がファールできているのはストレートが「真っ直ぐきている」からで間違いないでしょう。

 

球質改善は必須

大谷投手は今後も球速と球質を磨く必要があります。とにかく、そんなに警戒されていないと思うので、そこはプライドを持って頑張ってほしいものです。

球質はずばりノビのあるボールにすることです。ボールの回転数を上げて打者に「浮き上がっている」と錯覚させるようなボールにするんです。

そのためには、現状に満足しない強いメンタルを持つことです。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】