日本ハム・中島選手と岡選手は日本シリーズMVP級の活躍でした

 

内野安打→死球でサヨナラを呼び寄せたようなものです。

西川選手の満塁ホームランは見事でしたが、中崎投手に真ん中高めのコースに投げさせたのは、間違いなく中島選手と岡選手でしょう。

 

内野安打で死球を投げさせた

そもそも、昨日の広島・中崎投手派不安定でした。

一人目の陽岱鋼選手に対して、結果的にミスショットしてくれましたが、外野まで運ばれています。

二人目の田中賢介選手にはいきなり3ボール0ストライク。その後ファールでフルカウントにしますが、結局四球で出塁。

三人目の市川選手は送りバント。ここでランナー2塁ですが、四人目の中島選手は長打がほとんど無い選手です。いわゆるカッター(ファール連発して四球狙い)ですので、最悪歩かせても良いと考えたはずです。

 

が!しかし!

 

結果はまさかの内野安打(ちょっと判定微妙でしたが)!

2アウトでランナー1・3塁!

ネクスト打者は岡選手です。中崎投手は焦ったことでしょう。この焦りが次の死球に繋がります。

 

死球からのメンタル崩壊

広島バッテリーは岡選手で終わらせたかったはずです。なにせ、岡選手の後は西川・大谷・中田・レアードですから、ランナーが2人いる状況でこんな人達相手にしたくないです。

で、岡選手にはインコースで内野ゴロを打たせたかったんだと思います。エルドレッドを一塁ベースから離していますからね。

しかし、結果は死球からの岡選手マジギレ→場内騒然。

岡選手がパフォーマンスであの態度を取ったのであれば、見事な役者っぷりです。中田翔選手等が飛び出してきて、「本気で乱闘か?」という雰囲気を出しましたから。あの時点で中崎選手のメンタルはボロボロだったことでしょう。

西川選手へのストレートは完全にコントロールミスです。あれは「打ってください」と言わんばかりのボールでした。あのボールを投げさせたのは、間違いなく中島選手と岡選手です。

 

日本シリーズMVP級の活躍

これで日本ハムは3勝2敗。次の先発は大谷投手ですから、かなり有利な展開にもっていけました。何度も言いますが、この状況にもってこれたのは中島選手と岡選手のおかげです。

加えて、メンタル面も含めてあそこまで完膚無きまでにやられた中崎投手はおそらく今シリーズ絶望的でしょう。広島は抑え投手を失った状況です。しかも、沢村賞投手のジョンソンはもう使えません。

 

現時点で日本ハムは圧倒的に有利です。

中島選手と岡選手は、給料倍にしても良いくらいの働きを今日みせてくれました。お見事です。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】