巨人・マイコラス投手が試合中にイライラしていたのはローレン夫人が原因ではなかったっぽい

 

以前、マイコラスがイライラしていた件に関する考察をしました。

参考記事:巨人・マイコラス投手が試合中にイライラしていた理由を考えてみた

 

記事内で、僕はこんなことを書いていたんですね。↓

考えてみたんですけど、思い当たる理由がこれしかありません。

 

試合前にローレン夫人と喧嘩してきただろ。

 

これ、ローレン夫人との喧嘩の有無は定かではありませんが、イライラしていた真の理由はローレン夫人ではなかったっぽいです。本当にすみませんでした(T_T)

マイコラス投手が試合中にイライラしてしまった原因はですね、小林捕手のキャッチングだったんです。

つまり、「イライラしていて小林捕手に当たっていた」のではなく、「小林捕手のキャッチングが下手すぎてイライラしていた」というのが真相っぽいです。

問題のキャッチングシーンはこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=vcQ9zdoCHeU

 

あ〜・・・

低めギリギリのコースに変化球を投げたんですけど、小林捕手は上から被せるようにミットを出してしまっているので、キャッチした後にミットが下に動いてしまっているんですね。

ボールがホームベースを通過した時点ではストライクなんですけど、キャッチングした時点でミットを動かしてしまっているので、結果的にストライクゾーンを大きく外れてしまっているように見えるんです。せっかく良いコースにストライクになるボールを投げたのに、判定はボールになってしまいました。で、四球と。

これ、フルカウントでしたから、小林捕手がミットを動かさなければ三振だったんですね。

しかも打者が今季2冠の筒香選手でしたから、マイコラスは抑えたかったでしょう。

 

というわけで、マイコラスがイライラしていた原因は小林捕手だった模様です。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】