筋トレで年収1億円を達成した男がいるので紹介します

 

ヘタクソが才能のある人に勝つ唯一無二の手段、それは「人がやっていない時も努力する」ことです。

才能のある人より一つ多くの素振りをする。才能のある人より一球多くの投げ込みをする。才能のある人より1つ多くのノックを受ける。才能のある人より1kg重いダンベル(バーベル)を上げる。

それ以外に勝つ道はないわけです。

 

 

オリックスに、それを体現した男がいた

 

後藤光尊選手です。

 

3_2

参照元

 

秋田出身の内野手。高校卒業後、法政大学野球部へ進むが先輩からの酷いイジメを理由に中退。その後川崎製鉄野球部に練習生として入部後、正式に入社。2001年にオリックスからドラフト10位で指名されプロ入り。

この、「ドラフト10位」ってところ、重要です。要チェックやで。

 

後藤光尊選手は、ここから1億円プレーヤーになったんです。

 

ドラフト10位といえば、球団側からしたら「現状戦力にはならないし、大して才能無さそうだけど、もしかしたら大化けするかもしれないから指名しとくか」程度のものです。それが、大化けしてしまったんです。

では、何故後藤選手は大化けしたのか?

別に、魔法を使ったわけでも、野球の神様が舞い降りたわけでもありません。

 

 

ひたすら努力し続けた

後藤選手は戦力外通告を受けるまでの15年間、試合後とオフにウエイトトレーニングを欠かしませんでした。

彼が入団した2001年頃と言えば、まだ球界はウエイトトレーニングを眉唾ものとして見ていた時期です。周りが筋トレにほとんど見向きもしない中、孤独に頑張り続けた結果が「1億円プレーヤー」という名誉だったわけです。

 

彼は「筋トレ→年収1億円」を実際にやってのけた男なんです。

 

筋トレで分泌される脳内麻薬のオンパレード&筋力アップで打撃のパンチ力もアップ&アクティブな守備力ゲット→成績アップ→年収アップです。

法政大学中退後、彼は人生のどん底を味わったことでしょう。しかし、地道な筋トレによって人生の逆転に成功したのです!

さぁ皆さんも、周りが休んでる時にこそ筋トレです!周りに差をつけることに喜びを感じましょう!

 

 

筋トレのモチベーションを上げるにはこちらの本がオススメです!ダンベルとセットでどうぞ!

 

 

[ad#co-3]

 

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】