Amazonのイノベーションは、我々人類の財産(時間)を守る画期的なものだ

 

Amazonは、画期的なアイディアで買い物に関する無駄な時間と無駄な労力をバシバシ削ってくれます。

Dash Buttonなんか、最高にイケてる。時間=財産ですから、このボタンは個人の財産を守ってくれる最高のイノベーションです。

 

 

AmazonのDash Buttonは、日用品をワンプッシュで購入できるボタンです。

ボタンとAmazonアプリを接続して、後は日用品が足りなくなったらワンプッシュ。それだけで最短当日に商品が届きます。日用品ですから、配送も速いですね。

正直、日用品をリアル店舗で買うとなると、部屋着から外出着へ→車or公共交通機関に乗る→店舗へ→購入品を持ってまた乗り物へ→帰宅となり、恐ろしいほど時間を浪費します。

これが、ワンプッシュになるんです。単純に、1時間が1秒になるとお考えください。

ちなみに、ボタンを連打しても受け付ける注文は1つ分だけです。商品が届くまで同じ品を連続で買うことはできません。最初の注文品が届いたら同じ商品を注文できるようになります。

 

 

さらに削ります

 

リアル店舗でのレジ精算を無くしてしまおうという試み。

休日にレジの行列なんか並びたくないですからね。悪夢です。

 

アマゾンはこの新システムを、来年一般向けにオープンするシアトルの店舗「アマゾン・ゴー」で試験的に導入する。アマゾンが動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿した動画によると、顧客はまず携帯電話にダウンロードしたアマゾン・ゴーのアプリを店の入口でスキャン。その後は顧客がどの商品を取ったか、または戻したかをシステムが追跡し、リアルタイムでオンライン上の仮想ショッピングカートに加えていく。顧客が店を出ると、その顧客が持つアマゾンの口座に自動的に請求が行く仕組みだ。

転載元

 

詳細なシステムの仕組みは不明ですが、このシステムが実用化されれば、「レジ打ち」という職業は消えるでしょう。

リアル店舗での省力化が一気に進みます。小売業界の新しい時代が到来しますね。

もう来てるか。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】