ポケモンGOと筋トレは似ている

 

結局ね、どちらも”やったもん勝ち”なんですよ。

しっかりデメリットを計算して、計画的にやれば良いことずくめなんです。筋トレにデメリットはありませんが。

ポケGOも筋トレと同じで、ごちゃごちゃ考えずにとりあえずやってみれば良いんですよ。宮城県の成功例を見て、まだ「ポケモンGOが普及すると”ながらスマホ”が増える」とか言っている人は、ぶっちゃけかなり終わってると思います。

 

 

これ、見出しだけでポケモンGOの破壊力が分かります。経済効果20億円です。

今回はラプラスの限定配信でした。それでも10万人を集める効果があったわけです。ちなみにこれ、経済効果20億円というのはJリーグの年間経済効果とほぼ同等です。

県が試算したサッカー、J1仙台の2015年県内経済効果(22億円)に匹敵する規模となる。

転載元

 

NewsPicksで書いていらっしゃる方もいますが、ご当地限定ポケモンなんかを配信してもらえば、10万人なんか簡単に超えてしまうでしょう。

愛知県だったら車に乗ってるピカチュウとか面白いですね。

死亡事故の影響でポケモンGOに悪いイメージを持つのは仕方の無いことですが、一方的に「あれは危険だ」というイメージで固めてしまうのは大変勿体無いし、つまらないことです。

筋トレでもいるんですよね、「筋肉が増えるとスピードや柔軟性が落ちる云々」って言う人。

やる前からデメリットばかり気にしていると、マジで損することが多いです。デメリットに眼を瞑って、何事も前向きにとらえていこうじゃありませんか。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】