素振りは目的を持ってやりましょう

 

もう今年の初素振りはやりましたか!?

僕は農業バイトと筋トレで全身筋肉痛&腰が爆発しており、まだできていません(T_T)

今日はそんな”素振り”の話題です。

 

「なんとなく」じゃダメ

素振りで重要なのは、”コースの意識”と”フルスイング”です。

ただなんとなくバットを持って、何も考えず真ん中のコースばかり振り続けても、あんまり効果はありません。しっかり”コースに対する意識を集中”させて、”強く振る”ということを重点的にやっていきましょう。

コースを意識することで、試合本番でのミート力が上がりますし、練習でフルスイングを続ければ、試合本番でもバットを強く振ることができます。試合って、意外とフルスイングできないんで、普段からフルスイングを意識して練習するっていうのは重要なことなんです。

 

 

僕の練習を紹介しちゃいます

現在、素振りで使用するのは10kgハンマーと素振り用バット(1kg)です。

10kgハンマーと素振り用バットの練習は、それぞれ別の日に行います(じゃないと腰が爆発します)。

10kgハンマーは、地面と水平に持って、レベルスイングで左右12回3セット行います。キレイなレベルスイングを身に付ける練習ですね。あと、腕の筋トレにもなるのでオススメ。ただ、腰への負担が半端ないので、「ヤバい」と思ったらすぐに止めましょう。

注意点は、なるべくハンマーの端っこを持つようにすること。より10kgの重さを感じることができます。

素振り用バットは、まずアップとして、20回連続で真ん中のコースを振ります。これで身体がほぐれると思うので、そこから低め10回、真ん中10回、高め10回のコースを連続で振ります。これを6セット(合計180スイング)です。残りの20回は真ん中のコースをフルスイングして、合計200スイングです。

200から先は気の済むまでフルスイング。身体が悲鳴を上げるまで振り続けます。

 

ぜひお試しあれ。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】