笑われないために、とりあえず抑えておきたい新しいテクノロジーたち(暫定版)

 

昨今の世の中は動きが速いですねぇ。

10年前に比べて3倍速くらい速くなっているんじゃないでしょうか。

続々と新しいテクノロジーが表れて、私達の生活を豊かで便利なものにしてくれているわけですが、肝心の私達がそのテクノロジーのことを知らなければ、まったく意味がありません。つーか、知らないと笑われます。そういう時代です。

そこで今回は、周りから笑われないために知っておきたい最新テクノロジー(暫定版)をご紹介したいと思います。

 

 

ブロックチェーン

ビットコインの核となるテクノロジーです。あらゆる既存のシステムと高い親和性を有しており、今後ブロックチェーンを利用した新しいサービスが続々と登場してくるでしょう。

で、あれば、ブロックチェーンの仕組みはしっかり抑えておかなければなりません。

ブロックチェーンについては、イケハヤ氏が自身のブログで詳しく解説してくれています。

 

 

一言で言えば、「あらゆる”もの”を全世界の人が監視することのできるシステム」とでも言いましょうか。

イケハヤ氏の言うとおり、ブロックチェーンはインターネットと同等のブレークスルーです。

 

Amazon Echo(Alexa)

Amazon Echoとは、Amazonの開発した「人工知能スピーカー」です。

Alexaとは、Amazon Echoに搭載された人工知能の愛称です。

Amazon Echo単体でも優れた人工知能スピーカーとして、ユーザーのあらゆるリクエスト(音楽が聞きたい等)に応えてくれますが、Alexaはもっとすごい。

あらゆる家電に組み込むことで、”もの”をより”生きた存在”として扱うことが可能になるんです。例えば、「冷蔵庫に食材が無くなったらAlexaがAmazonで注文して買ってきてくれる」「自動車で買い物に行って、買い忘れてしまった食材を車に搭載されたAlexaに注文させる」などなど。他にも応用できます。

 

  • ニュース:自分の好きなスポーツチームの試合結果を聞く。
  • コンテンツ:家で聞いていたAudible(本の読み上げサービス)の続きをきく。
  • スマートホーム:ガレージのドアを閉める、ライトをつける。
  • コマース:洗剤を買う。

 

この凡庸性の高さに注目した多くの家電メーカーは、こぞって自社製品にAlexaを導入し始めました。今年1月にLas Vegasで開催された家電の見本市CESには、Alexaの搭載された商品がおよそ700種類も発表されたとのことです。

Amazon Echo(Alexa)の詳しい情報については、下記記事をどうぞ。

 

 

とりあえず、今後のために”ブロックチェーン”と”人工知能”は絶対に抑えておきたいですね。

この2つは確実に世の中を変える技術です。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】