日本人に朗報。もう英語の勉強はしなくても大丈夫です。

 

言語関係のAIがさらに進化した模様です。

 

iPhoneを使ってLINEとかGmailのアプリを開いて文章作成画面にすると、マイクのマークが出て来るので、マイクをタッチして喋ってください。喋った内容を、AIがほぼ正確な文章で代筆してくれます。

 

↑の文章、実際にiPhoneから音声入力で代筆してもらって、コピペしたものです。

 

すごいです。素直に感動しました。

”AIの文章作成”というと、Google翻訳の機械的な文章のイメージしかなかったので、「スマホの音声入力も似たようなもんだろ」と勝手に決めつけていましたが、ここまで賢くなっていたとは・・・ホント、すみませんでした。

 

 

 

Google翻訳も進化している・・・!

 

上記のとおり、Google翻訳の精度を心底馬鹿にしていた僕ですが、どうやらGoogleに焼き土下座をしなければならないようです。

Google翻訳の高AI化により、もはや”機械的な翻訳”の域を脱したGoogle翻訳は、他の追随を許さない唯一無二の翻訳サービスとなりました。しかも、AIの分野はさらに進化するポテンシャルを秘めています。もはや、人類に”語学”という学問は必要なくなるでしょう。

いよいよ”言語の壁”が無くなるのです。

 

 

僕は産業用ロボットの分野に精通しているのですが、こちらの分野もIoT化とAI化が進めば、現場作業者はほぼ必要なくなります。

あるいわ、これは他の分野でも言えることかもしれません。兎にも角にも、世界は新しいフェーズに突入しました。

面白くなってきましたね。オラ、わくわくすっぞ!

 

 

[ad#co-3]

 

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】