対人スキルの高い人にかぎって「僕(私)、人と話すの苦手なんです」と言う理由

 

理由は2つです。

彼らは日本人相手に”謙遜”が有効であるということをよく知っているんです。

日本人の大多数が”奥手”や”控えめ”といった特性を持っています。故に、”謙遜”した態度を自分らと同じ特性であると勘違いし、無意識のうちに仲間意識を持つんです。だから、日本人は”謙遜する人”には友好的なんです。

逆に、ガツガツと自分を出してくる、いわゆる”肉食系”に対して嫌悪感を抱く人が日本人には多いです。

それともう1つ、彼らは”speech is silver , silence is golden.(雄弁は銀、沈黙は金)”という事実を、誰よりも理解しているんです。

”話す”よりも、”聞く”ことを重視することで、以下の2つの利益を得ることができます。

・肉食系のイメージから離れる

・より多くの情報を得られる

肉食系のイメージから離れることにより、相手はさらに自分に対して友好的な感情を抱いてくれますし、より多くの情報を得ることで、自分の情報量が増えます。

ここで言う”情報”とは、”相対する人に関する情報”のことです。この情報が増えることで、よりその場での立ち居振る舞いに関するバリエーションを増やすことが出来ます。

 

 

ただし、本物の謙遜ではない

彼らの”謙遜”は、”本物の謙遜”ではありません。彼らの”謙遜”はあくまで”計算”です。それが日本人相手に有効だと知っているから、あえてそのように振る舞っているのです。

”本物の謙遜”の底には”卑屈”があり、これは対人スキルを大きく低下させるものです。彼らがそんな利益にならないものを持つわけがありません。

相対する人の心を開かせるために”謙遜”を利用する。それが、対人スキルの高い人達が謙遜する理由なんです。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】