素振りは夕方〜夜にかけてやるのが正解です

 

朝とか昼間にやるのはナンセンス。

理由は3つです。

 

疲労が蓄積した状態で練習ができる

これ、結構重要なんですよ。

レギュラーは1試合で約4回打席に立ちますが、体力が満タンの状態ですべての打席に立つことはありません。1打席目だって、後攻の場合は1回表の守備後に立ちますし、先攻でも、試合前のアップ→守備練習後に立つのですから、本番では常に疲労が蓄積した状態で打席に立つわけです。

ですから、1日の終わりに差し掛かる夕方〜夜という時間帯は、1日の疲労が蓄積しているため、より実戦に近い状態で練習をすることができるんです。昼間に筋トレしてたら尚良。

逆に、朝の11時とか、一番身体が活発で、なおかつ体力満タンの状態で素振りをしても、試合で同じスイングはほぼ無理です。そういうものです。

 

 

スイングの軌道が見える

自分のスイングの軌道をしっかり確認することができるので、おかしなスイングをしていれば、すぐに発見→修正が可能です。

ただし、条件があります。

 

・黒系のバットはNG

理想は着色無しの木製バットです。

黒系の色だと、時間帯が夕方〜夜なので、スイングの軌道が見えません。

 

ここだけ注意!

 

 

事故を防げる

温かい時間帯にバットを数100回も振るのはNGです。この時間帯の激しい運動は、最悪寿命を縮めます。

特に夏なんかは、熱中症のリスクが夜間よりも数倍高く、危険です。

十分に水分補給をしても、その日失った体力を回復できるわけではありません。あくまで水分を補給するだけです。

水はホイミでもケアルでもポーションでもありません。あなたのHPは確実に減っているので、そこのところ勘違いしないようにしてください。

 

 

夕方〜夜の素振りはメリットだらけです。

昼間は適度に筋トレして、夕方〜夜から実戦を意識した素振りをやりましょう!

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】