ブログは1記事700文字を目指して書いてみましょう

 

記事作成訓練の一貫です。僕も最初は「1記事700文字」を目標に書いていました。

今は色々あって「1記事1000文字」になってますけどね。その”色々”の部分もこの記事で説明していきたいと思います。

まずは、何故「1記事700文字」なのか、というところから。

 

読みやすい最適な文字数が700文字

まず前提条件として、「自分のブログは大して期待されていない」ということを理解しましょう。僕たちは有名ブロガーでも何でもない、言わば有象無象です。そんなブログの記事なんて、大抵はサッと読み飛ばされて終了なんです。

ですから、”しっかり読まれることはほとんどない”と思って記事を書くべきです。まずは、読んでくれる人の時間を大切にしましょう。

で、自分の伝えたいことをしっかり書いた上で読者の時間もある程度守れる数字が”700文字”なんですよ。

 

自分の考えを手短に伝える技術の習得

ブログの目的をとことん還元していくと、「自分の意見や考えを他人に伝える」というものになります。

それをニュース記事やTwitter等を利用し、700文字以内にしてインターネット上に拡散していくのです。

「自分の意見や考えを手短伝える」というのは、結構難しい作業です。あんまり長ったらしくだらだらと記事を書いてしまうと、読者に「面倒くさい」と思われて二度と来てくれなくなります。かといって、ニュースを紹介するだけではキュレーションサイトと変わりませんし、コンテンツの数で圧倒的に不利です。

 

最終的には1000文字を目指しましょう

700文字のトライを半年も続けていれば、ブログの読者は毎日30〜40人くらいにはなるはずです。

それぐらいの支持を獲得したら、目標数字を1000文字に切り替えましょう。そこまでブログが成長していたら、少し長めのコンテンツでも読んでもらえるはずです。

もちろん、700文字トライを継続しても大丈夫です。訓練はやったらやった分だけ自分の力になります。

どんどん素振りして、3割打者級のブロガーを目指していきましょう。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】