”残業”を撲滅するためには、”ハタラキカタ”の概念を変えなければならない

 

うーむ、残業理由の第一位は金ですか。

 

 

残業代っていうのは”時給”ですから、時給を追い求めて貴重な時間を潰すのは効率悪いですね。リツアンみたいに残業時給がべらぼうに高い仕組みならまだ分かりますが、大抵の企業の残業時給はリツアンの半分以下です。そんなお金のために貴重な時間を使って精神も身体も消耗するなんて、馬鹿げてますよ。

あと、労働時間と生産性は反比例の関係ですから、会社としてもほとんど利益になりません。ホント、誰も得しない。

 

 

ハタラキカタ改革のソリューション

 

 

正社員とフリーランスの両立で、残業は無くなります。

なにせ、法定時間外では、その人は”社員”ではなくなるわけですからね。会社側はその人に対して法定時間外での業務を求める場合、”フリーランスとして正当な報酬”の元、仕事を依頼しなければならなくなります。

そのためには、既存の会社員に”フリーランスとして働くということ”をもっと認知してもらわなければなりませんね。

あと、”サラリーマン予備軍”の学生たちにも認知してもらって、もっと日本全体で”フリーで働くこと”の重要性をスタンダードにしていきたいです。

この辺りの活動も少しずつ進めておりますので、今後良い報告ができればと思います!

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】