【野球】”キレ”と”ノビ”を数字的に証明するマシンをご紹介します

 

”トラックマン”と呼ばれるマシンです。

 

 

よく野球選手や解説者が投手の投げたボールに対して”キレ”だとか”ノビ”だとか言っていますが、野球に詳しくない人からすると、「なんのこっちゃ」って感じですよね。

あれ、基本的には”ボールの回転数(バックスピン)”のことを言っています。

 

 

”ノビ”と”キレ”の正体

回転数(バックスピン)が多ければ多いほど空気抵抗を受けにくく、終速が落ちないのでボールがノビているように見えるわけです。

”キレ”は回転数にピッチャーの元々の肩の強さとかを加えた”総合的な球質”のことです。前提条件が回転数の多さなので、基本的に”ノビ”ていなければ”キレ”ません。

で、トラックマンは、回転数を数値化して明示するので、当該投手の投げたボールに”ノビ”があるかをはっきりさせてくれます。

”ノビ”があるということが分かれば、”キレ”のあるボールかどうかも大体予想できますね。

 

 

”キレ”の判断基準

指標としては、”変化球の急激な曲がり具合”があります。テレビ見てて「うわー!この投手の変化球めっちゃ曲がってるやん!」って思ったら、大体”キレ”てます。

ストレートの”キレ”は球速で判断することができます。大体150km/h出てたら”キレ”てます。後は投手のリリースポイントが前だと低めにボールが集まるので”キレ”ているように見えますね。

あと、コントロールが良くてコーナーにズバッと決まったボールを”キレ”のあるボールと呼ぶ人もいますね。

 

よく野球中継を見る人なんかは、この”キレ”と”ノビ”を気にしながら見ると面白いかもしれません。

トラックマンの測定数値がテレビに表示されるようになると面白いんだけどなー

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】