大企業のサラリーマンが残業をしなくなる方法を見つけた

 

今日気付いたんですけど、飲み会の予定がある人は、皆定時で帰りますね。

それはもう、すごい勢いで仕事を終わらせて帰ります。うちの会社はフレックス制で、コアタイムのラストが15時30分なのですが、飲み会の予定がある人は軒並みコアタイムのラストで帰宅していました。

もちろん、帰宅までに今日の仕事は終わらせています。毎日これができれば、会社全体の生産性がめちゃくちゃ向上するでしょう。なぜ、できないのでしょうね。

答えは簡単です。

 

普段は飲み会が無いからです。

 

つまり彼らは飲み会のためにエンジンフル回転で仕事を頑張っているわけです。お酒パワーはすごいですね。かく言う僕も、この記事を書き終えたら飲みますけど。

冷えたビールが待っているんです。そりゃあ仕事がんばりますよ。

 

 

そこで、プレミアムフライデーです

 

月末とか言わずに、毎週このイベントを大々的に宣伝すればいいのではないでしょうか。

そのうち世間にも浸透していって、「今日はプレミアムなフライデーだから飲みに行こう!」って雰囲気が毎週生まれて、「金曜日=早く帰る日」という新しい”常識”が生まれます。いやむしろ、「金曜日=残業してたらダサい」ぐらいの”常識”でもいいですね。

プレミアムフライデーが何故月末だけになったのかは不明ですが、飲み会効果による残業減はすさまじいです。これは文化を変えるだけのパワーがありますよ。毎週やれば一気に事が動くかもしれません。

今のところ、プレミアムフライデーの普及はテレビ等のメディアが中心になってやっています。ネットと企業の力も利用してガンガン普及させましょう。

僕の会社でも毎週金曜日はプレミアムフライデー推奨にします。っていうか、残業したら給料減らします。

今日から「金曜日の残業=ダサい」という新しい常識を作っていきましょう。

 

 

[ad#co-3]

古いものを投げ捨てろ!【サタデー便】